中国の最近のニュース

中国の最近のニュース(人民日報より抜粋)
◇韓国、新政策で中国人観光客を誘致韓国観光発展局は2月27日、外国人観光客をもてなす環境を改善するための関連政策を発表した。。
続きへ
◇インターネット取引額が8千億元に迫る 11年調査研究機関のインターネットデータセンター(IDC)と阿里巴巴集団研究センターがこのほど共同で発表した「中国電子商取引サービス産業白書」によると、2011年に中国のインターネット利用者のオンラインショッピング取引額は7849億3千万元に達し、前年比約66%増加した。同年の社会消費財小売総額の実質増加率は11.6%だ。
続きへ
◇中国の携帯電話利用者が10億件の大台突破英国誌「エコノミスト」の報道によると、中国の携帯電話利用者が今週にも新たな里程標に到達し、10億件の大台を突破する見込みという。今年1月末現在でこの大台まであと1200万件だった。中国広播網が伝えた。
続きへ
◇エルメスの中国語商標、中国企業が事前登録仏有名ブランド「エルメス」は、中国市場進出の際に英語の商標「HERMES」のみを登録した。同ブランドはこのほど、中国語の商標を申請しようとしたが、商標評審委員会に却下された。第一中級人民裁判所は同委員会の決定を支持し、「HERMES」と「愛瑪仕」という2つのブランドが同時に存在することになった。新京報が報じた。
続きへ
◇唯冠VSアップル社 「iPad」マークの所有権は誰なの?唯冠科技(深セン)有限公司(深セン唯冠)が商標を侵害したとして米国アップル社を訴えた訴訟の審理が、22日に上海市浦東新区人民法院(地裁に相当)で始まった。原告と被告の双方は商標侵害についての証拠を確認し、裁判所は深セン唯冠による関連製品の販売差し止めの請求とアップル社による審理中止の申請について意見を聴取したが、判決は下さなかった。
続きへ
◇一般労務を厳しく制限第11期全国人民代表大会(全人代)第24回会議は26日、出国・入国管理法の草案を初めて審議した。ここ数年、中国国内で外国人の「違法入国、違法滞在、違法就労」が目立つようになったことから、同草案では、外国人が中国で働く場合は、規定に基づいて労働許可証および労働に対応した外国人滞在証明書を取得しなければならないと規定する。「人民日報」海外版が伝えた。
続きへ
◇中国大陸部からの香港旅行が人気、目的はショッピング元高の加速化に伴い、香港をショッピングに訪れる中国人が増加している。このたびクリスマス・新年セールの季節が到来したことを受け、香港旅行が人気を集めている。
続きへ
◇ネットショッピング、海外からの個人輸入が流行消費水準の向上と消費観念の変化に伴い、ますます多くの中国人が直接海外のウェブサイトでショッピングするようになった。このような人たちは、「海淘族」と呼ばれている。
続きへ
◇中国初の金融景気指数が発表上海金融業連合会は19日、陸家嘴金融フォーラムの重要な一環として、「2011年上海金融景気指数」を発表した。
続きへ
◇カムバック東京 中国人観光客の買い物熱冷めず2か月余りの空白を経て、5月20日、東日本大震災後、初めての中国からの関東地区へ向けた団体旅行が瀋陽を出発した。日本の観光産業が待ちわびた中国人観光客が東京に戻ってきた
続きへ
◇中国の日本からの輸入化粧品、当面価格調整なし日本から中国が輸入している化粧品は一時的に大規模な価格調整がないことが分かった。最近、価格動向が激しい日本製のデジタル製品、自動車部品と比較すると、化粧品の価格は安定している。販売元も多くのブランドから製品が豊富に供給されており、販売状況も正常
続きへ
◇キヤノン、セキュリティ製品で中国参入上海キヤノン博覧会が19日に開催された。博覧会では同社のセキュリティ製品の2011年モデルの発表会も同時に行われた。
続きへ
◇韓国 中国人観光客誘致に向け、措置を強化韓国政府は現在、中国人観光客の誘致に向けた措置を強化している。韓国の統計によると、韓国を訪れる外国人観光客のうち、中国人の1人あたり消費額は1558ドルで、米国人(1292ドル)や日本人(1072ドル)を上回り、国別でトップとなっている。
続きへ
◇上海 経済影響力ランキングで新興市場都市のトップにコンサルティング大手のプライスウォーターハウスクーパースが米のニューヨークパートナーシップ(Partnershipfor New YorkCity)と共同で発表した調査研究報告によると、世界の新興経済体における10大中心都市の経済影響力ランキングにおいて、上海が首位になった。中国新聞社が伝えた
続きへ
◇「スパート」をかける人民元国際化「人民日報」の特約評論員を務める同済大学経済・管理学院の石建勛教授は、このほど次のような論考を発表した。

続きへ

◇中国の自動車販売台数 2020年には世界の半数を占める見込みAP通信が伝えたところによると、専門家は2020年までに中国の自動車販売台数が世界の自動車販売台数の半数以上を占め、中国は北米を超えて、世界最大の自動車販売市場となるとの予測を示している。報道によると、中国の自動車販売台数は2010年には米国を上回っているものの、中国と米国の差が大きく開くのは10年後になるという。
続きへ
◇人民元 英ポンド抜きアジア第3の決済通貨に香港上海銀行(HSBC)が行った貿易信頼感指数の調査によると、アジアの貿易企業の多くが、人民元は2011年に最もよく使用する三大貿易決済通貨の一つになり、初めて英ポンドを抜き、貿易企業が最もよく使用する第3の通貨になるとの見方を示した。

続きへ

◇中日韓 自国通貨決済で国際貿易の枠組に挑戦東南アジア諸国連合(ASEAN)と中国・日本・韓国(ASEAN+3)の第14回財務相会議が4日、ベトナムの首都ハノイで行われた。中国からは財政部の李勇副部長が率いる一団が出席した。
続きへ
◇中国は「外資導入」から「外資選別」の段階に中国はこのほど修訂作業を終えた「外資系企業投資産業指導目録」の意見募集稿を公開した。同目録は、国が外資系企業による直接投資を奨励、許可、制限、禁止する産業を明確に規定している。
続きへ
◇日本産業の海外移転 中国は最も有力な候補地東日本大地震後、日本の製造業は海外への移転を進めている。あるメディアの報道によると、マレーシア、インドネシア、台湾など中国近隣の国・地域が日本の産業移転により利益を受ける。ニコンなど日本の電子製品メーカーもこれまでに、東南アジアで生産を増加すると明らかにしている。しかし、日本にとって海外最大の販売市場である中国本土は、移転先の候補から回避された。

続きへ

◇新エネルギー車重要部品 外資出資比率は50%まで国家発展改革委員会はこのほど商務部と共同で「外資系企業投資産業指導目録」の修訂作業を行った。意見募集稿によると、新エネルギー自動車の重要部品では、外資系企業のシェアを50%以内にとどめるとしている。人民日報系の北京紙「京華時報」が伝えた。
続きへ
◇四大経済特区の範囲が拡大 地域経済のバランスに貢献広東省汕頭(スワトウ)市にある汕頭経済特区の範囲が、今月1日から市内全域に拡大された。これにより過去約一年の間に、中国で最も早期に
設立された四大経済特区の深セン特区(広東省)、廈門(アモイ)特区(福建省)、珠海特区(広東省)、汕頭特区で、その範囲が相次いで拡大されたことになる。
続きへ
◇モバイルゲームが急速発展 携帯利用者1億4千万人携帯電話ゲーム産業のある専門家によると、携帯電話ゲームはモバイルインターネットの各分野の中で最も早く成熟したビジネスモデルを確立した分野であり、今後はモバイルインターネットの利用者とどのように手を携えて前進するか、国内のモバイルゲーム産業の急速な発展をどのように推進するかが発展の重点になるという。
続きへ
◇乳業大手・明治、チルド牛乳で中国進出日本の明治ホールディングズ株式会社はこのほど、上海周辺地域に工場を建設し、2013年1月からチルドタイプ牛乳・ヨーグルトの生産および販売をスタートさせる計画を明らかにした。日本の大手乳業メーカーが海外で温度管理が必要な牛乳を生産するのは今回が初のケースとなる。同社は、製品の品質管理を徹底させ、信用と安全をセールスポイントに中国市場開拓を目指す。
続きへ
◇海外M&A市場に吹き荒れる「中国風」中国企業は資産を買収される側から買収する側へと変わりつつある。

続きへ

◇中国人消費者 日本の超豪華炊飯器を買うのはなぜ?中国は世界最大の炊飯器生産国だ。巨大な生産能力が価格を急速に引き下げており、今では100元から200元の製品も珍しくない。だがここ数年、国内の消費者は国産品に目を向けず、海外ブランドの超豪華炊飯器に3千元も4千元も払い、中には7千-8千元払う人もいるという。今や海外旅行する中国人の多くが、大小さまざまなパッケージの化粧品を抱えて帰ってくるだけでなく、炊飯器を別便で家に送るのだという。超豪華炊飯器はほとんどが日本製品で、日本を旅行した観光客にこうした現象が数多くみられる。
続きへ
◇日本産高級リンゴの売れ行きから覗く中国のハイエンド消費重慶で最も高いリンゴは1ついくらだろう?重慶市江北観音橋北城天街のあるスーパーで、なんと1つ228元のリンゴが売られていた。これは日本産の「世界一リンゴ」で、大きさはほぼバレーボール大、普通のリンゴの3-4倍の大きさとなっている。
続きへ
◇世界の消費都市に北京と香港が選出 トップはロンドンフォーブス誌が20日に
発表した世界の消費都市15都市のランキングで、北京が15位にランクインした。このランキングは、世界的ブランドの都市への集中度に基づいて作成された。ブランドの集中度の高さは、その都市が流行に敏感であることを示している。トップ3は順に、ロンドン、パリ、ニューヨークだった。
続きへ
◇太陽エネルギー、今後5年で新エネルギーの支柱産業に国家エネルギー局の張国宝局長はこのほど行われた2011年全国エネルギー業務会議において、第12次五カ年計画における国家エネルギー発展に関して紹介し、▽エネルギー発展のモデル転換を加速させる▽エネルギー消費量を適切に制御する▽エネルギーの構造調整に力を入れる▽エネルギーの生産・利用方式の変革を推進する▽安全で安定的、経済的でクリーンな現代エネルギー産業体系を打ち立てる‐‐という構想を明らかにした。
続きへ
◇中国、世界最大のぜいたく品市場へ界ぜいたく品協会(WLA)がこのほど発表した報告によると、
20087年に大陸部のぜいたく品消費は総額86億ドルに達して初めて米国を抜き、中国はアジアで1位、世界で2位のぜいたく品消費国になった。関連機関の予測によると、2014年以降、中国は世界最大のぜいたく品市場になることが予想されるという。「国際金融報」が伝えた。
続きへ
◇中国のぜいたく品市場、50億ドル規模にゴールドマンサックスの調査によると、世界のぜいたく品市場が低迷する中、中国のぜいたく品売り上げは今年、未曾有の50億ドルに達する勢いだ。昨年の30億ドルをはるかに超え、増加幅は世界一となる。「中国新聞網」が伝えた。
続きへ
◇商務部 中国人の海外消費に注目
(2)
こうした状況は中国の商店を悩ませている。上海百聯集団の馬新生董事長(会長)は、消費者が思いいたらないことを心配するのではなく、消費者が買えないことを心配するという。馬董事長が現在の中国市場に不足している商品を数え上げたところ、主に海外のハイエンド消費財、高品質の製品、高品質の粉ミルクなどが並んだ。
続きへ
◇商務部 中国人の海外消費に注目過去数年間にわたり、中国は国内消費の牽引でめざましい成果を上げたが、中国国民が毎年海外で消費する金額や件数の実態はあまり知られていない。商務部の陳徳銘部長はこのほど開催された全国商務業務会で、中国人の海外消費も潜在的消費を発掘する重要な方面であり、このような失われたビジネスをどのように「奪回」するかが問題だと述べた。中広網が伝えた。
続きへ
◇中国人のぜいたく品消費の五大傾向 ネット利用など中国は2010年、日本に次ぐ世界2位のぜいたく品消費国となった。中国の消費者には赤ワインからブランド腕時計まで、各種のぜいたく品に対する飽くなき消費ニーズがある。「法制晩報」が伝えた。
最近発表されたある調査報告によると、中国人回答者の半数近くがインターネットでぜいたく品を買いたいと回答し、女性ではこう回答した人の割合が男性を10%上回った。
続きへ
◇電器・電子製品廃棄物の回収処理を規範化環境保護部は7日、電器・電子製品廃棄物の回収処理を規範化するために、国務院が「電器・電子製品廃棄物回収処理管理条例」を制定・公布し、2011年1月1日から施行されると発表した。

続きへ

◇日本、中小企業の中国進出を後押し日本は経済危機による打撃からまだ完全には脱しておらず、経済力も回復していない。このため中国との協力強化や海外市場の開発といった方法を通じて、国内経済の復興をはかろうとしている。環球網が伝えた。
続きへ
◇中国、エネルギー性能契約の推進に20億元を拠出中国財政部はこのほど、エネルギー性能契約(EPC)方式で工業、建築、交通などの分野および公共機関の省エネ改修に取り組む会社の支援として、20億元(約267億円)を2010年度予算に計上することを決定した。
続きへ
◇中国 5年でインターネット普及率を45%に国務院新聞弁公室が8日発表した「中国インターネット状況」白書によると、中国政府は今後も引き続きインターネットの発展と普及推進に注力、5年で国内ネット普及率を45%に引き上げることを目標とし、より多くの人々がインターネットの恩恵を受けられるようにする。
続きへ
◇中国企業の日本でのM&A旋風
「中国の日本買い」
今年に入り、多くの中国企業が日本の製品を購入し始め、日本のメディアにとって、耳障りなニュースとなっている。ここ1-2カ月で「中国が日本を買い尽くす」「日本企業、中国に敗れる」のような刺激的タイトルが紙面をにぎわせている。
続きへ
◇中国 女子大生比率、49%以上に中華全国婦女連合会(全国婦連)副主席を務める同連合会書記処の甄硯・書記は22日に北京で開催された「2010ブランド中国女性ハイレベルフォーラム」の開幕式の席上、近年来、中国の女性人才の増加は著しく、女子大生の比率は49%以上となっているほか、修士・博士比率も不断に上昇しており、各業界において女性が増え続け、欠かせない役割を発揮していると述べた。
続きへ
◇中国 インターネット利用者数、4億人に工業情報化部が22日に発表したデータによると、今年第1四半期(1-3月)、中国のインターネット利用者数は新たに2千万人増加し4億400万人となった。
続きへ
◇ネット利用者、安全対策に153億元 09年昨年、中国のネット利用者の52%がネットワークの安全性(セキュリティ)にかかわる事件に遭遇し、その対処のために支払った費用は累計153億元に上った。中国インターネット情報センター(CNNIC)と国家インターネット応急センター(CNCERT)が先月31日に北京で共同発表した報告により明らかになった。
続きへ
◇ファーストフード産業が黄金時代に突入中国のファーストフード産業は1987年に産声を上げた。同年4月にケンタッキーフライドチキンのチェーン第1号店が北京市場に進出したのを契機として、現代型ファーストフードの急速な発展の幕が開いた。
続きへ
◇中国、世界最大の輸出国に世界貿易機関(WTO)はこのほど、中国が昨年ドイツを抜いて世界最大の輸出国になったことを明らかにした。中国の輸出総額は世界の10%を占める。一方、中国の輸入額も世界の8%を占め、米国の13%に次いで世界2位となった。
続きへ
◇中国の都市化スピード、世界で最速国連が25日に発表した報告書によると、中国の都市化プロセスは極めて迅速で、世界の人口50万以上都市のうち、4分の1が中国の都市だ。この30年間の中国の都市化成長スピードは極めて早く、世界のどの国家よりも抜きん出ている。
続きへ
◇流動人口2億を対象に計画生育管理強化全国流動人口服務管理会議が25日午前、湖南省長沙市で開催された。国家人口計画生育委員会(計生委)の李斌主任は同会議において、流動人口の計画生育管理をいっそう強化し、来年中に各種業務の完全無料化の実現させる方針を明らかにした。

続きへ

◇中国中央銀行「景気回復の可視化が出口戦略の前提」中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は25日、アジア開発銀行(ADB)の年次総会に出席した際、「景気回復に確信が持てるのであれば、景気刺激策のうち特別なものについては徐々に解除することも可能だ」とし、「出口戦略の実施には、リバウンド後に成長が再び落ち込む『W字型の経済回復』に向かわないことを確認する必要もある」と指摘した。
続きへ
◇工商銀行、昨年の収益・株価ともに世界一中国工商銀行が25日発表した09年度の経営業績によると、国際的な財務報告基準に照らすと、税引後利益は前年比16.3%増の1294億元、1株の収益は18.2%増の0.39元だった。
続きへ
◇中国 今後30年前後で高等教育大国に教育部は2日午前記者会見を行い、「国家中長期教育改革・発展計画要綱」研究制定業務について、専門家および各部門の司・局の責任者の同要綱の高等教育内容に関する解釈に参与するよう呼びかけた。教育部高等教育司の張大良・司長は、中国は今後およそ30年前後の期間内に世界の高等教育大国のひとつとなることを目標とすると語った。

続きへ

◇中国の海洋生産額 3兆元突破国家海洋局が2日に発表した「2009年中国海洋経済統計公報」によると、大陸部の昨年の海洋生産額は3兆1964億元に達し、前年比8.6%増加した。海洋関連産業の従業員数は3270万人で同52万人の増加。
続きへ
◇農業部「遺伝子組み換えのイネとトウモロコシ、安全」中国農業部が昨年8月17日、遺伝子組み換えのトウモロコシとイネの安全性を認定して以来、遺伝子組み換え作物および食品をめぐる議論が巻き起こり、食の安全を心配する声が投げかけられていることについて、農業部関連部門の責任者に取材を行った。
続きへ
◇中国M&Aファンド 400億ドル突破中国の株式投資私募ファンドの実力がますます高まり、合併買収(M&A)に向けた市場環境が日に日に整うのに伴い、世界では約40年の歴史をもつM&Aファンドが中国市場で徐々に頭角を現している。
続きへ
◇中国、低炭素エネルギーの発展に本腰閉幕したばかりの第11期全国人民代表大会常務委員会第13回会議で、中国政府は低炭素エネルギーの発展に向けてさまざまな措置を講じていく方針を明らかにした。
続きへ