最近のビザ承認条件の発表に関するお知らせ2020/08/22

中国大使館ホームページからの転載 転載元⇒
※google翻訳

最近のビザ承認条件の発表に関するお知らせ
2020/08/22
中国と日本の間の人的交流をさらに促進するため、国内所管官庁の通知によると、近い将来に以下の状況が満たされた場合、中国ビザ申請サービスセンター(東京、大阪、名古屋)または長崎、福岡、札幌、新潟のビザ免除機関に申請することができます領事館はビザ申請を提出します。

1. 2020年8月22日0:00から、関連する有効な中国の居住許可(仕事、人事、グループクラスター)を持っている日本人は、中国に行く理由が現在の居住許可と一致しています。

2.有効な仕事、私事、またはグループの居住許可はありませんが、目的の州政府の外務省または商務省からの招待状(「招待状(PU)」、「招待状(TE)」 )」または「招待状確認フォーム」)、経済、貿易、科学および技術活動のために中国に行く予定の申請者、同伴する配偶者および未成年の子供。

3.有効な仕事がない場合、私事またはグループ居住許可はありますが、「外国人の就労許可の通知」と、郵便が置かれている外務省ま​​たは州政府の商務省からの招待状(「招待状(PU ) “、”招待状(TE) “または”招待状確認フォーム “)、中国で働く予定の申請者、同伴する配偶者および未成年の子供。

4.以下の人道上の理由で中国に行く必要がある人:

1.重病の近親者(両親、配偶者、子供、祖父母、祖父母、孫、孫)を訪問するか、近親者の葬式に対処する場合は、病院の証明書または死亡証明書と家族関係の証明書を提出する必要があります婚姻証明書、戸籍謄本、警察署の親族証明書、親族関係証明書、藤本家計簿等)コピー、家族の招待状、身分証明書のコピー。

2.中国市民(または中国永住許可証を保持する外国人市民)の外国の配偶者と未成年の子供が中国に同居する必要がある場合、中国市民(または中国永住許可証を保持する外国人市民)が発行した招待状を提出する必要があります。 、招待者の中国のIDカードまたは中国の永住許可証のコピー、および家族関係の証明書(出生証明書、結婚証明書、世帯登録簿、警察署の家族証明書の手紙、家族関係の公証など)のコピー。

3.外国人の子供、中国人の両親の配偶者、未成年の子供たちの世話または支援のために中国に行く場合、中国市民が発行した招待状、招待者の中国のIDカードのコピー、家族関係の証明(出生証明書、結婚証明書、世帯登録を含む)これは、警察署の相対証明書のコピー、相対関係の公証などです)。

5. Cクルービザの申請。

予防:

1. 2020年9月1日以降、中国のビザ申請サービスセンター(東京、大阪、名古屋)または長崎、福岡、札幌、新潟の総領事館にビザなしで申請します。オンラインフォームに記入し、オンラインで予約します。ビザセンターと関連する領事館は、オンラインフォームとオンライン予約を完了したビザ申請のみを受け付け、古い申請フォームは受け付けなくなります。旅程に影響を与えないように、申請者はできるだけ早く旅行計画を立て、事前に予約することをお勧めします。

2.ビザを申請する場合、関連する有効な中国の居住許可(仕事、人事、グループ)を持っている日本人は、ビザ申請書、ビザ申請健康誓約書、および招待状などのその他の資料は必要ありません。

上記は暫定的な措置であり、変更があった場合は最新の通知を行いますので、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

戻る⇒