中国ビザ最新情報

 

内容が更新されます。ページを更新してください
2017年中国の祝祭日
祝日名 法定祝日 休日期間(予定) 連休
元旦 2017年1月1日(金) 1月1日(日)~1月2日(月) 2連休
春節 2017年1月28日(土) 1月27日(金)~2月2日(木) 7連休
清明節 2017年4月4日(火) 4月2日(日)~4月4日(火) 3連休
労働節 2017年5月1日(日) 4月29日(日)~5月1日(火) 3連休
端午節 2017年5月30日(火) 5月28日(日)~5月30日(火) 3連休
中秋節 2017年10月4日(水) 10月1日(日)~10月8日(日) 8連休
国慶節 2017年10月1日(日) 10月1日(日)~10月8日(日) 8連休
ビザの期限が上記と重なる場合は、早めに手続きを行ってください。
ビザの期限が迫ってからの申請では間に合わない事もあります。
就業ビザの更新は3ヶ月前から可能です。

トラブル例

会社を退職したら10日以内に就業ビザの取り消しが必要です。
その手続きをしなかった場合は、オーバーステイ扱いになります。
日本人でも拘留された方が居ますのでご注意ください。

オーバーステイ時の対処

近くの出入国管理局支所へ行きオーバーステイ室で面接官と話し調書を作成し右親指拇印。

必要書類
不動産権利証のコピー
不動産契約書のコピー
不動産権利証の権利人の身分証のコピー
パスポートとコピー
近くの銀行で罰金を支払い、停留ビザ申請する。
7営業日後にパスポートが返還され、停留ビザをもらえる。

処罰内容
10日以下  警告
60日以下 罰金    日数x500元
2ヶ月以上4ヶ月以内  拘留7日
4ヶ月以上1年以内   拘留10日

2017年5月から就業ビザの取得方法が変わりました。

就労ビザ新規申請の流れ

1.  会社の書類(営業許可証)を認証          5営業日
2.  外國人就労許可通知(就業許可証)を申請   20営業日
卒業証書(大卒)原本、大使館の認証書原本
無犯罪証明書原本と大使館の認証書原本
健康診断書
3.  被授権単位邀請函を申請
4.  海外でZビザを取得
5.  外國人就労許可証(就業証)を申請
6.  居留許可を申請                    7営業日


上海地区では飲食店に公安が来て、外国人(日本人)のビザの確認をしています。
その店(会社)の就業ビザでない場合は、とことん調査され場合によっては罰金や就業ビザの取り消しをされています。
不法就労に関しまして非常に厳しく取り締まっています。

************************************
在中国日本国大使館からのお知らせ
************************************

中国入国時の指紋採取について

中国公安部から,外国人の中国入国時において指紋採取が行われることが発表されました。2月10日から深セン空港において試験的に開始され,その後順次拡大されるとのことです(上海市での開始時期は現時点未定)。

中国に渡航・滞在される方へ
在上海日本国総領事館
2017年2月9日

1.2月9日,中国公安部から,中国に入国する外国人に対し,入国する港(空港等)において,指紋採取を行うことが発表されました。

2.この措置は,中国に入国する満14歳から満70歳までの外国人が対象となり,2月10日から深セン空港等で試験的に開始され,その後順次拡大されるとのことです。なお,上海市における同措置の開始時期は現時点で未定であり,少なくとも10日から開始することはないとのことです。

3.中国に入国される日本人の方は,今後,この措置が開始された空港等においては,中国での入国審査の際に指紋採取が求められることになります。追加情報があれば,判明次第追ってお知らせいたします。

【参考】
中国公安部発表(2017年2月9日,在中国日本大使館仮訳)
出入国管理を強化するため,『中華人民共和国出境入境管理法』の関連規定に基づき,国務院の承認を経て,公安部は,入国する外国人に対する指紋等の生体情報を採取することを決定した。公安部の公告に基づき,2017年,中国の辺防機関(当館注:出入国管理機関のうち国境管理を行う機関)は,全国の対外開放港及び空港において,中国に入国する満14歳以上(14歳を含む)満70歳以下(70歳を含む)の入国外国人の指紋を採取することとする。(中略)2月10日から深セン空港等の港で試験的に開始し,その後順次拡大して実施する。
出入国人員の生体情報の採取は,出入国管理の重要な措置であり,国際的にも多くの国がこの措置を既に実施している。中国の辺防検査機関は,入国港における審査効率の向上,出入国秩序の維持,出入国管理のサービスの不断の向上をはかっていく。

2 2017年の休館日情報
http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/consul/index-j.html#kyukan

3 旅券申請書等のご案内
http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/procedure/passport2.html

4 各種証明・届出の申請書等のご案内
(在留証明,署名証明(本邦での印鑑証明の代わりになるもの),出生届,婚姻届等)
http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/procedure/certificate.html

【注】一部の証明で事前仮申請を受け付けておりますが,上記休館期間中にご連絡いただ
いたものは,休館日明けの6日(金)以降の対応になりますので,予めご了承ください。

5 在外選挙登録のご案内
http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/procedure/elect2b.html

●「在留届」・「帰国・転出届」等の提出はこちらから
http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/procedure/index002.html
既に帰国・転出等で当館管轄地(上海市,江蘇省,安徽省,浙江省,江西省)に在住していない方は,「帰国・転出届」をお出しいただくようお願いします。
また,新たに日本以外に在留する方は,その地域を管轄する在外公館に改めて在留届を提出願います。
中国の入国査証(ビザ)、居留許可等について

◎居留許可取得後、旅券(パスポート)の期間が満了になった、パスポートのビザページがなくなった等の理由でパスポートを新規に取得された場合には、新規のパスポート取得後10日以内に管轄の公安局において居留許可の変更手続きが必要となります。

◎就労の許可なく中国内で就労した場合(FビザやMビザで就労した場合や、Xビザ(留学ビザ)で所要の手続を経ずにアルバイトをした場合等も含みます)に は、不法就労となり、5000元以上2万元以下の罰金、事案が重大である時は、5日以上15日以下の拘留の対象となります。

◎違法行為(出境入境管理法違反)では、国外退去になることがあり、その場合には上限10年間、中国再入国を禁止されることとなります。


○3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
○また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれる

よう,「たびレジ」に登録してください。

在中国日本国大使館領事部メールより転載

在中国日本国大使館からのお知らせ
短期滞在者を対象とする新たな規定が施行されました。→詳細
2015年1月13日
中国の入国査証(ビザ)に関する新規定について(HP更新)→詳細
2015年4月10日
中国で出産予定のご両親へ→詳細
中国で生まれたお子様の出生に関する手続き→詳細

旅行証の取得(日本人と中国人の間に生まれたお子様の特例)

ノービザで上海に来られる方へ
最近は中国国内で各種ビザの申請が出来なくなってます。
以前はノービザで上海に来られて30日の停留ビザが取得できてましたが、最近は却下されてます。
日本で取得した長期のビザも中国国内での更新は却下されます。

2013年7月1日、2013年9月1日に中華人民共和国外国人入境出境管理条例が改正され、各種ビザ取得の条件が厳しくなってます。



パスポートを紛失(再発行)した場合の就業ビザについて

〇上海でパスポートを紛失した場合
出入境管理処で紛失証明を貰い、日本領事館でパスポートの再発行をします。
パスポートナンバーが変わりますので、就業証の変更をします。
その後、出入境管理処で居留許可の再発行をします。

〇日本でパスポートを紛失した場合
日本でパスポートの紛失証明を貰うことを忘れないでください。上海での就業ビザの再発行の必要書類になります。
日本でパスポートを再発行し、上海に入ります。
この時はノービザ扱いになります。
※再発行手続きに時間がかかりますので、何かのビザを取得してきたほうが良い。
領事館で、以前のパスポートと新しいパスポートが同一人物だという証明を貰います。
就業証のパスポートナンバーと新しいパスポートナンバーが違うので、就業証の切り替えをします。
その後、出入境管理処で居留許可の再発行をします。
※再発行のパスポートで中国に入国すると、以前の就業ビザの適用外になりますのでご注意ください。

※就業ビザ期限内にパスポートの更新をした場合は、新しいパスポートにビザを移行させる必要があります。この手続きをしていないと罰金が課せられます。

パスポートの紛失・盗難にご注意ください!(日本領事館HPへ)

パスポートをなくしたら・・・?(フローチャート)
在中国日本大使館HPへ

パスポート更新などパスポートが変った場合、10日以内に出入境管理処に登録する必要が有ります。
怠ると罰金が課せられます。


中国における外国人就業規制
国家公務員および国家機関直属事業単位が外国人を雇用できないことを除けば、法律に外国人の雇用を禁止する業種についての明確な規定はありません。→詳細へ
しかし、中国人の雇用促進もあり、中国人にできる業務は中国人を雇用するように指導されることもあります。

就業ビザ以外の長期のビザは日本でしか取得できません。


2013年7月から中国のビザの種類が変わりました。→クリック
就業ビザ新規取得にかかる日数
1.  会社の書類(営業許可証)を認証           5営業日
2.  外國人就労許可通知(就業許可証)を申請   20営業日
卒業証書(大卒)原本、大使館の認証書原本
無犯罪証明書原本と大使館の認証書原本
健康診断書                         7営業日
3.  被授権単位邀請函を申請
4.  海外でZビザを取得
5.  外國人就労許可証(就業証)を申請
6.  居留許可を申請                    7営業日


就業ビザ更新にかかる日数
1 就業証更新→5営業日
2 居留許可取得→7営業日
24歳以下、60歳以上の就業ビザ申請は却下されます。
企業の法定代表人なら、60歳以上でも就業ビザが取得できます。 →お問い合わせ


上海で就業ビザが取得できる条件
○25歳以上、60歳以下
○大卒以上
○就業経験2年以上
上記に当てはまらない方はご相談ください。

駐在員(就業ビザを取得されている方)のご家族は家族帯同ビザが取得できます。
必要書類としてご家族を証明できる戸籍謄本が必要です。
※2013年7月1日の入国管理法改正後は戸籍謄本は認証が必要となりました。

※2017年5月から卒業証明書も日本大使館(領事館)で認証が必要になりました。

戸籍謄本の認証について →   外務省ホームページ
戸籍謄本に代わる書類について → 日本領事館からのご案内
駐在員の家族のビザについて →  家族帯同ビザ詳細


→中国ビザ情報(人民日報より抜粋)へ

人民日報日本語版へ

■□■□■
出入境管理処からのお知らせ。(空港でもらう書類翻訳)
■□■□■
1. 外国人は入国後、24時間以内に(田舎は72時間)宿泊の手続きしてください、ホテル以外のところに泊まった場合は近くの派出所に手続きをしてください。
2. Z、X、J-1ビザを所持している外国人は入国後30日以内に、出入国管理局に外国人居留許可の手続きをしてください。
3. 関連部門に批准されていない場合、中国で就職してはいけません。
4. 外国人は入国後、パスポートをいつも携帯してください。
5. 緊急事件に合った場合、110に電話をかけてください。
ビザに関するトラブルが増えています。ご不明、ご不審な点などは下記へお問合せ下さい。
上海出入境管理局(ビザに関するお問合せ) 021-28951900
出入境管理局のホームページへ(クリック)

**********************************************************

日本人(外国人)が中国で働く場合は就業ビザ(就労ビザ)を取得する必要があります。

長期のFビザやMビザは日本で取得できますが、就業ビザ以外で中国で就労していると、会社及び個人に罰金が課せられます。
※中国にビジネスで長期滞在される方は就業ビザの取得をお勧めします。
短期(3ヶ月以上)の場合、就業ビザの取得が必要です。
※人民日報より
外国人は中国国内で就業する場合、規定に基づき就業許可証明書および就労ビザを取得しなければならない。いかなる企業と個人も、就業許可証明書および就労ビザを取得していない外国人を雇用してはならない。
続きへ
「人民網日本語版」2012年6月27日より

某事務所職員が上海に赴任した際、商用(F)ビザで入国し、就労(Z)ビザを申請しようとしていたところ、マンション入居時に提出した「臨時居住証明書」の中から抽出したとのことで、上海市公安局出入境管理局の職員が当該事務所に調査に来た。
調査の結果、中華人民共和国外国人入境管理法によると、就労ビザを取得していない外国人は、中国国内で就労できないことになっているが、当該職員は商務(F)ビザで勤務しており、法令に違反しているとの指摘を受けた。
某事務所によりますと、公安当局は商用(F)(M)ビザによる外国人の就労について、規制を強化していく方針(特に飲食業関係)とのことですので、ご注意下さい。

**********************************************************

境外人員臨時住宿登記単にはご注意ください。

上海(中国)でビザを申請や更新をするときには、境外人員臨時住宿登記単が必要です。
外国人は中国に入国した場合、24時間以内にお住まいの管轄の公安に住所の届出の義務があります。

※この書類が無いと各種ビザの申請が出来ません。
届出を怠ると、罰金が課せられます。
最近はマンションなどに公安が訪ねてビザや境外人員臨時住宿登記単の確認をするケースが増えてます。

**********************************************************

中国ではビザの情報が無くて困ってます。
ビザに関しての困ったご経験や問題を解決したご経験を書き込んでください。
上海ビザQ&A

中国カレンダー

お問い合わせ

上海携帯 +86-13917667447
日本携帯 050-5879-5022
担当:川辺

GLink21上海
会社概要
TEL : +86-21-6402-8531
FAX : +86-21-6449-7912

 

GLink21 上海